時差ビズ(時差Biz)プロジェクトが小池都知事により提案され、実現がきまりましたね。

小池都知事の公約の一つに『満員電車をゼロへ』というものがありましたが、時差ビズは、その実現へ向けての第一歩ともいえるかも知れません。

ここでは、時差ビズについて、

時差ビズとは?
概要と目的
メリット・デメリット
世間の評価

という項目に分けてご紹介していきますね。


スポンサードリンク

時差ビズとは

時差ビズとは、朝の通勤時間をずらすことで混雑を減らし、満員電車のストレスを解消しよう。

働く意欲の向上を目指し、自由時間も増やそう、というプロジェクトです。

時差ビズの概要と目的

東京都が企業に対し、時差通勤や職場外で働くテレワーク、在宅勤務を推進、働き方の改革を呼びかけることを主としています。

また、鉄道事業者と連携し、朝早い時間に改札を通ることでポイントが付与されるなどの取り組みも進めています。

時差ビズを実行することにより、通勤ラッシュによる心身への負担の軽減や、育児や介護の時間の確保職場環境が改善されることによる生産性の向上在宅勤務による自由度の高い豊かな生活の実現などを目的としています。

時差ビズの期間は?いつからいつまで?

現在、すでに時差ビズを行っている企業もありますが、2017年7月11日から25日までの2週間、集中的に実施することになっています。

時差ビズのメリット・デメリット

時差ビズのメリットとデメリットをそれぞれ考えてみましょう。

メリット

  • 通勤時間がばらけるため通勤ラッシュが緩和できる
  • 満員電車での通勤をしなくてよいためストレス解消につながる
  • 通勤時のストレスが減少するため生産性が向上される
  • 自由な時間が増えるため育児や介護へ費やす時間が確保できる
  • 早い時間の電車に乗るとポイントを貰えるなどの制度を設けている路線もある

デメリット

  • 早い時間に出勤した人がスムーズに退社できないと、単純に労働時間が増える
  • 他社・他企業とのスムーズなコミュニケーションが困難になる恐れがある(担当者が出社していないなど)
  • 東京のみで完結できる仕事だけでないので不具合が生じる恐れがある
  • 今まで空いていた時間帯の電車が混雑する恐れがある

時差ビズに対して世間の評価・声は?

  • 早く来たからといって早く帰れる訳ではない
  • 時差出勤はずっと前から提唱されているが、実現できている会社は少ないのでは?
  • 東京で時差ビズを行っても、日本全国で同じように行っていないなら取引先などの問題で無理
  • 相手がある仕事(営業)などは特に無理

時差ビズへの世間の声は、あまりいいものとは言えないようです(^^;

時差出勤は以前から取り組まれてきましたが、確かに、上手く行っている企業は少ないように思います。

大企業では人数が多いので取り組みが成功するかも知れませんが、中小企業は難しいかも知れません。

最後に

東京の満員電車に関する問題が解決できれば、小池都知事の功績はとてつもないものになるに違いありません。

公約の一つに掲げちゃうのが凄いと思いましたが、一歩ずつ実現に向かっているのがまた素晴らしいですね。

今回の時差ビズは、どのような結果になるのかはまだ分かりませんが、東京の満員電車問題の改善につながれば良いなと思います。

関連記事
時差ビズとフレックスタイム制の違いは?


スポンサードリンク