イクノイ・シットプラサートはタイのボクシング選手(WBA世界フライ級2位)です。

2017年4月現在30歳。
タイ国内で61連勝中・12年間負けなしですが、世界戦はまだ経験しておらず、2017年4月23日の井岡選手との対戦が初めての世界戦となります。

今回はノクノイ・シットプラサート選手はどれくらい強いの?

戦績やプロフィールは?

など、気になるところをまとめて行きたいと思います。


スポンサードリンク

ノクノイ・シットプラサート選手プロフィール

名前:ノクノイ・シットプラサート
出身・国籍:タイ
生年月日:1986年11月22日
年齢:30歳
身長:160cm
デビュー:2003年4月12日
階級:フライ級

ノクノイ選手の戦績

2017年4月現在
66戦62勝4敗
38KO

総ラウンド…333
KO率…58%

デビュー戦での勝利後、4連敗しています。
そしてその後負けなしの61連勝。

2006年
WBCユースライトフライ級タイトル獲得
タイトルを数回防衛することで世界王者への挑戦権を得ることができるそうです。

2014年
WBCフライ級シルバータイトル獲得

ノクノイ・シットプラサート選手は強い?

ノクノイ選手はタイ国内で12年間負けなしの61連勝という記録を持っています。

オーソドックスなスタイルの右利き。
右ストレートに自信を持つベテランボクサーです。

61連勝という記録を持つノクノイ選手ですが、世界レベルで強いのかという点では疑問の声もあるようです。

というのも、ノクノイ選手は世界戦の経験はまだありません。

そして、対戦相手がノクノイ選手との試合がデビュー戦の選手、経験の浅い選手、負け越している選手などばかりということで、61連勝をしてはいますが、連勝記録だけでは判断できないということでしょう。

2017年4月23日には、WBA世界フライ級チャンピオンの井岡一翔選手と対戦があり、これはノクノイ選手にとって初の世界戦となります。

この対戦によって、ノクノイ選手の本当の力が分かるでしょう。

タイでの戦いばかりで世界王者に挑戦できるの?
という疑問もあるようですが、これについては、日本でも同様で、国内試合のみというのがほとんどだそうです。

セコンドのトレーナーの方が個人的に気になっています

私がすごく気になるのは、井岡選手との対戦でセコンドにつく、ノクノイ選手のトレーナー、チャッチャイ・サーサクンという方です。

チャッチャイさんはなんと、あの勇利アルバチャコフさんの10度目の防衛を阻止した方だそうで…!

勇利アルバチャコフさんといえば、9度の防衛に成功した、元WBC世界フライ級王者。

勇利さんの現役最後の相手が、イクノイ選手のトレーナーを務めている方だとは!

勇利選手とてもカッコよくて、ボクシングはあまり知らない私も試合を見て応援していましたので、何だか感慨深い気持ちになりました。


スポンサードリンク