2017年に郵便料金が値上げされます。

いつから値上げされるの?

ハガキと封書どちらも値上げになる?

など、疑問も出てくることかと思いますので、郵便料金値上げについてまとめました。

関連記事
値上げハガキ・切手の販売開始日はいつ?値上げの歴史もご紹介

郵便料金の値上げはいつから?

今回の値上げは2017年6月1日から実施されます。


スポンサードリンク

値上げされるのはハガキだけ?

ハガキのほかにも、定形外郵便、ゆうメールも6月1日より規定が変わります。
規格内・規格外に分けられることになり、規格外のものは郵便料金が上がります。

まとめると、値上げになるものは

  • ハガキ
  • 定形外郵便(規格外のもの)
  • ゆうメール(規格外のもの)

以上の3種類です。

定型内の封書(今まで82円・92円切手を貼り送っていたもの)の値段は変わりません。

※25gまで…82円、50gまで…92円

ハガキは52円から62円へ値上げ

ハガキは今までの52円から、一気に10円値上がりします。

往復はがきは、104円から124円に

年賀はがきは変わらず、52円のままです。
これはありがたいですね(^^)

年賀ハガキの値段は52円で据え置き・条件あり

年賀ハガキの値段は変わりませんが、差出期間が限定されます。

52円で送ることができるのは、12月15日から翌1月7日の間に差し出されたもの、となります。

表面に【年賀】の文字が朱記されているもの。
私製のものを含みます。

1月8日以降に差し出されたものは、年賀ハガキであっても62円(10円切手をプラスして差し出し)となってしまいますので注意が必要です。

定形外郵便、ゆうメールについて

定形外郵便は、2017年6月1日の料金改定前は、重量制と言われるもので、重さでその料金が変わりました。

新しい料金体制では、重さだけではなく、形も判断対象になり、規格外・規格内に分けられることになりました。
ゆうメールも同様です。

規格内…長辺34cmまで、短辺25cmまで、厚さ3cmで、重量1kgまで

規格外…規格内のサイズを超えるもの

規格内のものは料金の変更はありません(むしろ安くなる重量のものもあります)が、1Kg超えるものは規格外となり、料金がおおむね100円ほど上がります。

詳しくはこちらをご覧ください(郵便局による新料金一覧表)

最後に

なぜこのタイミング?という時期の値上げに、驚いている方も多いのではないでしょうか。

郵便料金の値上げ、消費税によるもの以外だと23年ぶりらしいですよ。

消費税が上がるから値上げする、ということなら納得できますが、今回のハガキ10円値上げはちょっと…って思っちゃいますね(^^;

ハガキに62円は高い気がする…
近年、郵便ハガキってほとんど使いませんが、使わないくせに値上がりすると気になるという不思議です。

年賀状が値上がりしないのはホッとしました。

でも、いつまでも52円のままというのは無理でしょうね…

そのうち年賀状も62円になりそうな予感(^^;


スポンサードリンク