伊藤ハム”朝のフレッシュ”シリーズのCMに、いとうあさこさんが出演していて「なんというナイス人選!!」と思った私です(^^)

伊藤ハム→いとう

のフレッシュ→あさ

ですもんね。
伊藤ハムさんGJですね!

元気ないとうあさこさんの「いとうで あさこで フレッシュだからー!!」というセリフに合わせて「フレッシュ♪フレッシュ♪フレーーッシュ♪♪」という曲が流れます。

CMのオリジナルソングなのか、誰かの曲なのか、気になった方も多いのではないでしょうか。

ということで、伊藤ハム”朝のフレッシュ”ロースハムCMの、曲名と歌手をお伝えしますね。


スポンサードリンク

伊藤ハム朝のフレッシュ(いとうあさこ編)CMソングの曲名と歌手は?

「フレッシュ♪フレッシュ♪フレーーッシュ♪♪」という曲は、松田聖子さん『夏の扉』という曲のワンフレーズです。

夏の扉は、80年代のヒット曲です。
(1981年リリース)

私が分からなかったのは、小さいころの曲だったからかな。

松田聖子さんの曲だと、”青い珊瑚礁”や”赤いスイートピー”など超有名な曲は分かるのですが、松田聖子さん全盛期のころはまだアイドルやテレビ番組にあまり興味がなかったんだと思います(^^;

という訳で、曲名と歌手は分かったので、『夏の扉』と松田聖子さんについて、もう少し詳しくお伝えしましょう。

松田聖子さんと『夏の扉』

『夏の扉』は松田聖子さんの5枚目のシングルです。

1981年4月21日発売。
作曲:財津和夫
作詞:三浦徳子

オリコン
週間1位獲得
1981年5月度月間2位獲得
1981年6月度月間1位獲得
1981年度年間14位獲得

財津和夫さんについて

財津和夫さんといえば、一定年齢以上の方にはドラマ『ひとつ屋根の下』の主題歌”サボテンの花”が有名かも知れません。

1970年代から活躍しているグループ「チューリップ」のメンバーで、ほとんどの曲の作詞作曲を担当。
ヒット曲をたくさん生み出してきました。

1989年にチューリップは一時解散しましたが、1997年に再結成。
2,3年に一度ツアーを行い、活動しています。

チューリップ解散後はソロでも活動していました。

松田聖子さんには、夏の扉のほかにも20曲以上を提供しています。

作詞家・三浦徳子さんとは

1970年代後半から80年代にかけて、多くのアイドルへ作品を提供、ヒットさせてきた作詞家です。

女性アイドルでは、松田聖子さんのほかに岩崎宏美さんや早見優さん、小泉今日子さん、男性ですと沢田研二さんや田原俊彦さん、郷ひろみさんなどの作品を手掛けてきました。

ジャニーズの作品も多く、最近ではSexy Zoneの曲も作詞しています。

インパクト大!の伊藤ハムCM

いとうあさこさんのインパクトと、『夏の扉』のメロディがマッチして、ハムの存在感をものすごくアピールしていると思う、このCM。

いとうあさこさんは、ほぼ同年代なので、応援したくなるタレントの一人です。

レオタード姿で「朝倉南40歳!」のネタは最高!

と、話が逸れました(^^;

今回の、伊藤ハムの朝のフレッシュシリーズのCM、一度見たら忘れられないメッセージ性抜群の作品ですね(^^)


スポンサードリンク