陸上・長距離走、駅伝で活躍する、安藤友香選手のプロフィールと経歴などをまとめました。

2017年にはマラソンへも挑戦。

スポーツ好きな方ですと、安藤友香選手の独特なフォームが印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

これからが楽しみなアスリートの一人です。


スポンサードリンク

安藤友香選手プロフィール・経歴と記録

プロフィール

名前:安藤友香(あんどうゆか)

生年月日:1994年3月16日

出身地:岐阜県

身長:161cm

体重:43㎏

所属:スズキ浜松アスリートクラブ

記録・経歴

1500m…4分25秒30(2011年7月17日)

3000m…9分02秒73(2013年9月21日)

5000m…15分32秒67(2015年11月14日)

10,000m…31分58秒71(2016年7月11日)

ハーフマラソン…1時間09分51秒(2015年12月23日)

皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会

2012年
2区(4㎞)区間賞

2015年、2016年
2区(6㎞)2年連続区間賞

安藤友香選手のフォームは独特

安藤選手のフォームは独特で、色々なネーミングで表現されたことがありました。

欽ちゃん走り

バタコさん走り(アンパンマン)

タラちゃん走り(サザエさん)

乙女走り

などなど…

自分では、「ロボット走り?違うかな…」などと発言してもいたようです。

あまり腕を振らず、少し曲げた形で力を抜いて、ゆったりと振っていますよね。

下半身だけですすーーーっと走っているような感じで、上の表現のうちだと個人的には”タラちゃん走り”が一番イメージに近いかも知れません。

良い感じでリラックスできているのだと思います。

ご本人の話だと、

過去何度も修正されてきたけれど直らず、現在所属する実業団のコーチの指導のもと、ムリに直さずに今のフォームで行こうと落ち着いたそうです。

安藤選手と同じスズキ浜松アスリートクラブへ所属していて、近年実力をつけてきている清田真央選手も、同じように独特のフォームですが、しっかりと成績を残しています。

ですので、無理に正しいと言われるフォームに修正する必要はないのかな、とも思えますよね。

現に、二人ともとても早いですし(^^)

最後に

安藤友香選手は、3月の名古屋ウィメンズマラソンでマラソンに初挑戦します。

2017年3月現在、まだ22歳ととても若い選手ですので、これからどんどん伸びて行くはず。

2020年には東京オリンピックが開催されますし、マラソンでのオリンピック出場も期待でき、とても楽しみですね(^^)

関連記事
清田真央選手プロフィール(出身中学・高校など)と記録・経歴
マラソン・キルワ選手(バーレーン)の年齢などwiki風プロフ


スポンサードリンク