女子マラソンのキルワ(ユニスジェプキルイ・キルワ)選手の年齢や国籍、出身地などのwiki風プロフィールをご紹介します。

2016年リオデジャネイロオリンピック2位、名古屋ウィメンズマラソン2連覇(2015年、2016年)、2015年世界選手権3位、と近年マラソンで実力トップクラスのキルワ選手。

その経歴と記録もお伝えしていきますね。


スポンサードリンク

キルワ選手プロフィール・国籍・出身地(wiki風)

名前:ユニスジェプキルイ・キルワ(KIRWA Eunice Jepkirui)

生年月日:1984年5月20日

年齢:32歳(2017年3月現在)

出身:ケニア

現在の国籍:バーレーン

身長:158cm

体重:45kg

結婚・家族:結婚していてお子さんが1人(女の子)

マラソン自己最高記録:2時間21分41秒【2012年10月27日・アムステルダム】

ハーフマラソン自己最高記録:1時間08分06秒【2016年02月07日・香川丸亀ハーフマラソン】

経歴・記録

2012年10月21日…アムステルダム(2:21:41←自己最高記録)2位

2013年01月05日…厦門国際マラソン(2:30:00)2位

2013年04月07日…パリマラソン(2:23:34)3位

2014年06月01日…蘭州国際マラソン(2:31:53)優勝

2014年10月02日…アジア大会・仁川(2:25:37)優勝

2015年03月08日…名古屋ウィメンズマラソン(2:22:08)優勝

2015年08月31日…世界選手権・北京大会(2:27:39)3位

2016年03月13日…名古屋ウィメンズマラソン(2:22:40)優勝

2016年08月14日…リオデジャネイロオリンピック(2:24:13)2位

キルワ選手の国籍と帰化

キルワ選手は、1984年ケニア生まれですが、2013年にバーレーンに帰化しました。

ケニアは長距離王国。どんなに実力がある選手でも、ケニア国籍で代表の座を勝ち取るのはとても大変なことなのでしょう。

卓球で中国の選手が、他国へ国籍を変更して代表となり、大活躍しているのに似ていますよね。

中国代表にはなれなくてもそもそもの実力はもの世界レベルでスゴイので、他国で代表となり国際大会で戦う。

賛否両論あるのは間違いないですが、国籍を変えてまで戦いたいという意志は、ある意味とても尊敬できるものです。

キルワ選手も、国籍を移すには色々な理由があったのでしょうけれど、国籍を変えてまで国際大会での可能性へ挑戦していく姿は本当に素晴らしいと思います。

家族・夫は?

キルワ選手の旦那さまもマラソン選手です。

ハーフマラソンの国際大会では二人で一緒に優勝したこともある、実力派。

娘さんがいるとのことですが、世界最高峰の選手を両親に持つ娘さん、将来が楽しみですね!

最後に

頑張っている人って、国籍や人種を問わずに応援したくなりますよね。

スポーツの大きな大会を見ていると、みんな本当に頑張っていて、自分も頑張らなくちゃ!と思えます。

今年も、多くの大会で、スポーツ選手の頑張る姿を見るのが楽しみです。

歳のせいか、涙もろくなっちゃって、感動してすぐ泣いてしまう私です(^^;


スポンサードリンク