日清のカップ焼きそばUFOのCM『UFO仮面ヤキソボーイ』、インパクトありすぎですよね!

そして、ずーっと前にUFO仮面ヤキソバンのCMを見たことがある方は、「え?ヤキソボーイってヤキソバンと関係あるの?」と思ったのでは…?

ここでは、ヤキソボーイとヤキソバンの関係、そして過去の関連CMについてもご紹介していきますね。


スポンサードリンク

ヤキソボーイとヤキソバンの関係は?

さて、UFO仮面といえばヤキソバン!

という世代の方は、ヤキソボーイって?と疑問に思った方も多いはず…

まさに私がそうでした。

ヤキソボーイとヤキソバンの関係は、親子です。

そして、ヤキソボーイと相棒・レジェンドの敵である魔王が、元ヤキソバンなのです!

なんというスターウォーズな展開!

ヤキソバン続編があった!

実は、今回のヤキソボーイ編より前(2016年)に、ヤキソバンCMの続編があったのはご存知でしょうか。

ヤキソバンやヤキソボーイの名前はCM名に付けられてはいなかったのですが、”日清焼きそばUFO”CMとして制作、放送されました。

ヤキソボーイこと、ソース。当時のソース役は吉川晃司さんでした。

吉川晃司さん演じるソースと水島希子さん演じる姫の敵として出演していた魔王が元ヤキソバンだったのです。

CMの最後のシーンでは仮面が割れ、素顔があらわに…

ソース:「Father!!(お父さん!!)」

というシーンでCMは終わっています。

今回のヤキソボーイのCMは、時系列的に、吉川晃司さん出演のCMよりも前の話という訳ですね。

テロップでも『ソース(青年期)』となっています。

ヤキソバンが魔王になったわけ

かつて、地球の平和な食生活を守っていたヤキソバン。

しかし時の流れは残酷で、ヤキソバンは落ちるところまで落ちてしまったのでした。

その時、ヤキソバン54歳・無職…

自分が守ってきた市民たちにも”落ちぶれたヒーロー”と、さげすまれる日々…

居酒屋でやさぐれていたところを、周囲の客たちに馬鹿にされ遂に爆発!

「焼きそばなんてこりごりだ!」

「焼きそばなんて滅びてしまえばいい!」

そして数十年後…

場所は宇宙船(ペヤング焼きそばみたいな四角い形)、多くの手下を従えた元ヤキソバンは、息子のソースのことを想いながらも、魔王の仮面をかぶってしまうのだった…

という、なんかすごく映画みたいなストーリーがあったのでした!

スターウォーズ風に制作したのでしょうね(^^)

でも知らなかった…

CMやってたの知らなかった…

YouTubeで検索すると、このストーリーのCMとWEB長編CMも見られるので、気になる方は検索してみてくださいね。

吉川晃司さん出演の、日清焼きそばUFOの過去CMも見られるので、チェックしてみてください。

ここに動画をのせたいのですが、すみません。

それにしても、マイケル富岡カッコいいですねぇ。

ヤキソバンのころもカッコよかったけど、魔王の仮面をかぶるシーンもものすごくカッコいいです。

イケメンすぎ!!

最後に

UFO仮面ヤキソバンのCMを放送していたのは1993年から1995年でした。

今回の新シリーズ、ヤキソボーイCMまで20年以上経っているんですよね。

なんだか、つい最近までヤキソバンのCMを見ていたような気がするのは私だけかしら(^^;

インパクトがあるCMで、マイケル富岡さん演じるヤキソバンと、デーブ・スペクターさん演じる悪役・ケトラーが忘れられません。

かなり面白いCMだったなぁと改めて実感してしまいました。


スポンサードリンク