JALのCM・校庭バージョン、印象的ですよね。

耳障りの良いメロディと歌声に乗せてストーリー仕立てに作られていて、春の新生活・別れ…といったイメージが詰まった、キュンとするCMになっています。

大学に合格して新生活をはじめる先輩が、女の子に何も言わずに飛行機に乗って飛び立ってしまうという、「青春って最高!!」なCMです。

「1年後、東京で待ってる」

って、先輩からラインでのメッセージに

ほんと~?

と無粋なことを思ってしまう、夢も希望もない大人、それは私。笑

いえいえ、夢も希望もまだまだ持っています!

…と、話がそれました。

ここでは、

JAL日本航空CM(2017年春・校庭vr)で流れている曲について、歌手と曲名をお伝えしていきますね。


スポンサードリンク

JALのCM、曲名と歌手は?

JAL日本航空のCMで流れている曲、曲名は『March of Time』

歌手はAimerさんです。

今回のCMソングは、Aimerさんの新曲。
5月3日発売予定のベストアルバムに収録される予定ですので、気になるあなたはもう少しお待ちくださいね。

Aimerさんについて(プロフィール非公開なんだって!)

Aimerさん。読みは”えめ”です。

名前の由来は、Aimerさん自身の愛称「エメ」から。
また、フランス語で「好き」という意味もあり、それも含めてのアーティスト名だと思われます。

お父さんがバンド活動をしていた事で、音楽が身近にある環境で育ちました。

小学生でピアノ、中学生になりギターもはじめます。

15歳のころに、歌いすぎて声帯を痛め(!)、それをきっかけに現在の歌唱法・声を手に入れたそうです。

まだ完全に治ってはいないそうですが、治してしまうと現在の声が出なくなる恐れがあるので、完治させずに現在の状態を保っているとのこと…
そんなことができるんですね。

そのおかげで、『とても珍しい声』と専門家が分析するほどに…

2011年から、音楽活動を開始。

2017年2月現在に至るまで、13枚のシングル、4枚のアルバムなど多くの曲を発表してきました。

CMやドラマ、アニメなどのタイアップ曲は数知れず…!!

Aimerさんがいかに支持されているかが伺えます。

確かに、CMで流れている歌声を聴くと、納得ですよね。
素敵な独特な歌声をお持ちのアーティストだと思います。

JALのCM校庭バージョン、春らしいシチュエーションと曲が素敵

春らしいシチュエーションで、キュンキュンしますね(^^)

あんなやり取り、してみたかった…

1年後、東京で待ってる。

とか、言われたかった!

と、年甲斐もなく「いいなぁ~」と本気で思ってしまった、アラフォーの春…。笑


スポンサードリンク