KATEKYO学院(カテキョ学院)のCMで、コップの山を超スピードで作り、片づける…!

という競技(?)に、長谷部選手が挑戦していますね。

あのコップ競技、何度かテレビで見たことはありますが、実際に何という競技なのでしょうか。

そして長谷部選手に教えている、となりの男性は誰なのでしょう。

まとめてみましたので、ご覧くださいね。


スポンサードリンク

KATEKYO学院CM・コップの競技名は?

KATEKYO学院のCMで長谷部選手が挑戦しているのは、『スポーツスタッキング』という、れっきとしたスポーツです。

プラスチック製のカップを、決められた型に積み上げたり崩したりするスポーツで、そのスピードを競います。

まだ歴史の浅いスポーツで、アメリカで1985年ごろにはじめられ、1990年にテレビ番組で紹介され広く知られるようになりました。

現在では、スポーツスタッキングは世界中に広がり、世界大会も開かれています。

反射神経、集中力が必要であるという特性から、学校の授業で行われることもあり、リハビリ施設などでも取り入れられているスポーツだそうです。

個人戦だけでなく、団体戦もあり、協調性を育むうえでも、良いスポーツだと言われています。

長谷部選手の先生をしているのは誰?

長谷部選手の先生役で出演しているのは、森圭伸選手です。

森選手は、日本代表として世界大会に出場もしている実力者。

2012年まで、スポーツスタッキング日本大会・12歳以下部門では3年連続優勝

2013年は日本大会で優勝

と、少し古い情報しか見つけることができませんでしたが、現在でも第一線で活躍しているスポーツスタッキング選手であることは間違いないでしょう。

正確な年齢は不明ですが、2012年時点で12歳以下部門で優勝、という経歴から、2017年現在は高校生くらいかなと思います。

最後に

スポーツスタッキング、KATEKYO学院のCMを見てはじめてその競技名を知りました。

集中力や協調性を鍛えるにはもってこいのスポーツなんですね。

それにしても長谷部選手、一流選手だけあってやはり物覚えがいいですね。

”いい先生に教えてもらうことが一番!”

というコンセプトのCMですが、教えてもらう側の能力も大切かも(^^;

って、これを言ってしまってはKATEKYO学院のCMの意味がなくなってしまいますね。

長谷部選手の素顔が見られる、嬉しいCMですね(^-^)


スポンサードリンク