水城なつみさんは、まだ若いながら、艶がり、かつパワフルな歌声で多くのファンを魅了しています。

デビュー当時からその歌唱力には定評があり、経験を積むにしたがってどんどん成長している、将来とても有望な演歌歌手です。

ここでは、水城なつみさんの本名と芸名の由来、生年月日などのプロフィール、そして水城さんの原点である家族についてもご紹介していきますね。


スポンサードリンク

水城なつみの本名や生年月日などプロフィールと経歴

プロフィール

本名:飯塚なつみ(いいづかなつみ)
生年月日:1994年(平成6年)6月14日
出身地:茨城県つくば市
血液型:B型
身長:152cm
趣味:ショッピング、カラオケ
特技:書道(小学校2年生より) どこでも寝れること
好きな食べ物:エビフライ、ジャガリコ、野菜
嫌いな食べ物:生の魚介類、

芸名『水城なつみ』の由来

苗字である水城の””は
演技が良い
本人も水という文字が好き
であることから。

”は
出身地である茨城の城から

そして本名の”なつみ”をそのままに、

『水城なつみ』

と名付けられました。

ご家族みんなで考えた芸名だそうで、思い入れも深いでしょうね。

経歴

小学校3年生の1年間、民謡を習う

小学校5年生から、地元の演歌の先生(キング歌謡アカデミー)のもと、本格的に演歌を勉強し始める

小学校6年生から、キング歌謡アカデミー主催の大会(キングレコード歌謡選手権)に7年連続出場

18歳(高校3年生)でついに念願のグランドチャンピオンとなる

キングレコード歌謡選手権【決勝大会】
・2008年(14歳):審査員奨励賞
・2010年(16歳):審査員特別賞
・2011年(17歳):プラチナの部優勝
・2012年(18歳)グランドチャンピオン

2013年5月22日:グランドチャンピオンとなったことをきっかけに、水城なつみとして『泣いてひとり旅』でデビュー

家族との関係

水城なつみさんの家族は8人の大家族。何と4世代同居だそうですよ(^^)

みんな演歌が大好きな、いつも演歌が流れている過程で育ちました。

小さいころから、お母さんが子守歌代わりに歌う演歌も、水城さんの演歌への興味をはぐくんだようです。

気づいたらいつの間にか演歌を口ずさむようになり、なつみさんが演歌を歌うことで家族も喜び、家族の笑顔が見たいから更に歌う、という、とても良い環境で、演歌への愛と実力を身に着けていきました。

とても素晴らしい環境でのびのびと育ち、心から演歌が好きな女の子になったんですね。

歌で多くの人たちに笑顔を、そして家族孝行もたくさんしたいという水城なつみさんです。

最後に

平成生まれの演歌歌手がどんどん増えて、水城なつみさんのその中の一人です。

実力者が揃う演歌業界で、飛びぬけることは大変だと思いますが、一曲ヒット曲が出れば知名度も一気にアップしますので、ぜひヒット曲を出して欲しいなと思います。

演歌の世界で活動している人たちって、当たり前なのかもしれないけど本当に上手で驚きます。

特に演歌が好きというわけでなくても、なぜか聞くとホッとするのが演歌ですよね。

演歌を聞くと年末気分になるから不思議。


スポンサードリンク