スケートボードで大活躍中の瀬尻稜選手について、プロフィールや経歴をまとめてみました。

オリンピックの種目になる可能性も高いスケートボード、いったいどんな選手が活躍しているんだろうと思って調べてみたら、かなり凄い選手が存在していたようです…

メジャーなスポーツじゃないかもしれないけど、世界で頑張っている選手って沢山いるんだなと実感です。

スケートボード、一度見るとそのカッコよさや面白さ、ドキドキ感に、画面に釘付けになりますよ。

ということで、瀬尻稜選手について、どうぞ。


スポンサードリンク

瀬尻稜選手プロフィール

名前:瀬尻 稜(せじり りょう)
生年月日:1996年12月11日
出身地:東京都練馬区
所属:ムラサキスポーツ

経歴

5歳…スケートボードをはじめる

小学1年…はじめての大会出場

小学2年…ジュニア優勝

小学3年…アマチュア優勝

小学4年…プロデビュー

小学6年・11歳…AJSA(日本スケートボード協会)でグランドチャンピオン獲得←最年少

2011、2012、2013年…世界中の競合が集まる【G-SHOCK】で3連覇

2012年…フランスで開催されたワールドカップで7位入賞

2013年…ワールドカップで優勝←日本人初

2015年…世界最大級のストリートコンテスト【STREET LEAGUE】オープン戦出場←日本人初

5歳でスケートボードをはじめた瀬尻稜さんは、お父さんと二人三脚で練習を重ねて実力を身に着けました。

常に危険が伴うスケートボードでは、ケガが絶えません。

ケガが原因でいつの間にか引退していた選手もいるとのことで…

どんなスポーツでも、ケガや故障は付き物だったりすると思いますが、スケートボードのように、一歩間違うと大ケガをする可能性もあるスポーツは、見ているほうもハラハラドキドキしてしまいます。

その分、カッコよくもあるんですよね。

2020年、東京オリンピックの種目になるかも!

瀬尻稜さんが活躍しているスケートボード、東京オリンピックでの競技種目になる可能性があると言われています。

もしも競技種目に決定したら、活躍する瀬尻さんを見ることができる確率はとても高いと思います。
というか確定でしょう!

現在はあまり目立たないスポーツかな、とも思いますが、東京オリンピックでは日本中を楽しませてくれるといいなと思います。

最後に

東京オリンピックが近づくにつれて、様々なスポーツが盛り上がっていきますので、私たちも楽しみが増えますね!

…といっても、もちろん応援専門ですが(^^;

東京オリンピックの時には、会場に応援に行きたいな。


スポンサードリンク