婚姻届けを出すとき、それは人生で最高の瞬間であることは間違いないでしょう。
私も体験してみたい!

さて、今回は、東京の立川市役所に婚姻届けを出しに行く人が増えている不思議についてお伝えしていきます。


スポンサードリンク

立川市に婚姻届けを出すのが人気なのはなぜ?

最近、立川市で婚姻届けを出すカップルが増えているといいます。
なぜなのでしょう?

実はですね…
市役所内のコンビニで、素敵な婚姻届け(市役所考案)が販売されているのですl

発売は2016年5月で、口コミで情報が広がり、今では全国からカップルの方々が婚姻届を出しに行くようになりました。

立川市で販売されている婚姻届けは、かわいらしいデザインの台紙に婚姻届けが貼られている形になっています。

婚姻届けは複写式になっていて、人生の記念の届けの控えを手元に残すことができるんです。

さらに、かわいくデザインされた台紙には、写真を張るスペースがあり、思い出の写真を張るなどして手元に残しておくことができます。

デザインはこちらからどうぞ。
立川市プレミアム婚姻届け

通常は、婚姻届けは出してしまうとそれでおしまいですよね。

「おめでとうございます」と、自治体の方に写真を撮ってもらったり、記念品をもらったりする場合もありますが、婚姻届け自体は手元には残りません。

その、手元に残すという考えがなかった婚姻届けの控えを、記念の写真などとともに残しておくことができるという斬新な考え。
立川市、さすがです!!

私も、婚姻届けを出すときは立川市がいいな。
と、思ってしまいました。
…相手!誰かーー!!笑

立川市には、北は北海道、南は沖縄まで日本全国から婚姻届けを出しにカップルが訪れているそうです。

ところで、婚姻届けって、自分が住んでいる自治体以外でも出せるんですね。
知らなかったです。

2017年2月14日からは、さらに豪華に進化した婚姻届けを発売予定(3000円)

結婚式までのスケジュールを書けるスペースがあり、結婚式までの準備が楽しくなるようなデザインになっています。
これまたかなり気になりますよね。

人生で一度(は経験したい)記念すべき婚姻届けを出すということ。
出しておしまい、ではなくて、手元に記念のものを残すことができるというのは、とてもうれしいことではないかな。

そう考えてみると、今までどこの自治体でもやらなかったのが、不思議ですよね。


スポンサードリンク