島津亜矢さんは、子供の頃から多くの賞を受賞し、“10年に一人の逸材”、“演歌の申し子”とも呼ばれました。

抜群の歌唱力・艶のある歌声は聞く人を魅了します。

ここでは、島津亜矢さんのプロフィール、歌唱力の評価、結婚や恋愛などについてまとめています。


スポンサードリンク

島津亜矢のプロフィール(年齢・身長・血液型)

名前:島津亜矢(しまづあや)
本名:島津亜矢子(しまづあやこ)
生年月日:1971年3月28日(45歳)
身長:168cm
血液型:O型
出身地:熊本県鹿本郡植木町(熊本市北区)
家族:父・母・姉
趣味:ガーデニング、料理

略歴

1986年(昭和61年)…デビュー『袴をはいた渡り鳥』
1987年(昭和62年)…“はつらつ3人娘”結成(島津亜矢、坂本冬美、石上久美子)
2001年(平成13年)…第52回NHK紅白歌合戦 初出場

歌唱力についての評価

島津亜矢さんの歌唱力は、どこを調べても絶賛の嵐です。
誰もが「素晴らしい」「感動した」「上手い」「言葉がでない」…といった言葉で褒めたたえています。

究極の天才。
どんな歌でも最高に歌い上げるプロ中のプロ。

と評価されていましたが、まさにその通りだと思いました。

『究極の天才』であり、その裏では誰にも負けない努力も重ねている。

天性の素質と努力で作り上げられたのが、あの素晴らしく、心に響き渡る歌声なのですね。

私自身の感想

まさに“美しい声”と言える歌声をお持ちの女性だと思います。
とても美しく透き通っていて、色気があるし可愛く純粋でもある。そして力強く迫力もある。
素人の私が聞いても、素晴らしい歌唱力の持ち主だと分かります。

中島みゆきさん、森山直太朗さん、松田聖子さんなど、たくさんの歌手の曲をカバーされていますが、どれを聞いても感動します。そして上手過ぎます。
どんなジャンルの曲を歌っても、心に響くんですよね…凄い歌手だと思います。

人間性も可愛らしく素敵な方です。
ブログにお邪魔すると、まずビックリするのが顔文字の多さと種類の豊富さなのですが、可愛らしくて思わず頬が緩みます。

NHK紅白歌合戦出場経歴

2001年(平成13年)【第52回】初出場
感謝状~母へのメッセージ~

2015年(平成27年)【第66回】2回目
帰らんちゃよか

2016年(平成28年)【第67回】3回目
川の流れのように

まだ3回目の出場ということに驚きます。
ですがおそらくは、今後出場し続けるのではないかな。

2016年に『川の流れのように』を歌うことについては色々な意見があるようですが、曲の決定はNHKに権利があります。
美空ひばりさんの曲を歌えると言うことは、NHKにそれだけ認められていると言うことになるのではないでしょうか。

美空ひばりさんの存在、そして『川の流れのように』という曲が大きすぎるため、誰もが歌えるという曲ではありません。

島津亜矢さんはこれからますます活躍し、演歌界を背負う人物になることでしょう。

結婚と恋愛

島津亜矢さんは独身です。

多くの演歌歌手がそうですが、全国を飛び回り活動をしているので、恋愛をしている時間などないのでしょう。

島津さんは以前テレビで「私は歌と結婚しました」と言っていたようですが、本当にそのような心境なのだと思います。

最後に

島津亜矢さんの歌声の素晴らしさ、まだまだ知らない人が多いようですが、これからもっともっと多くの方に知って欲しいです。

演歌ファンだけでなく、演歌にあまり興味がない人でも、島津さんの声を一度聞いたら聞きほれるはず。

紅白歌合戦に出場すると、一気に知名度がアップするはずなので、今後のますますの活躍が楽しみです。


スポンサードリンク