女優という印象が強い大竹しのぶさん。
明石家さんまさんの元奥さんとしても有名ですよね。

その大竹しのぶさん、実は歌手としての活動にも力を入れていることはご存知でしょうか。

ここでは、大竹しのぶの歌唱力や世間の評価、紅白出場の理由などについてまとめました。
最後に簡単なプロフィールも載せましたので、気になるあなたはご覧ください。


スポンサードリンク

大竹しのぶの歌唱力について。上手い?下手?

大竹しのぶの歌唱力については、“上手い”と感じる人、“下手”と感じる人に別れます。
残念ながら“下手”という評価が多いですが、“下手だけど表現力がある”という好意的な意見が多くみられるのが特徴です。

中には「音痴」と断言する方もいますね。
音楽に詳しい方からすると、音程をキチンと取れていない、リズム感がない、といったように気になる部分が多いようです。

私は音楽に関してはまったく詳しくなく、様々な歌手の曲を聴いていても「この人は上手だな」「ちょっと下手だな」と、何の根拠もない感想を持つくらいですが、音楽を勉強した方にとっては「ここがこうだから下手」と気になるのかも知れません。

逆に“上手い”と評価する人の意見としては「感情表現が豊か」「普段の小さな声の彼女とは別人のような声量と熱・迫力が素晴らしい」「表現力に感動した」「説得力がある」といったように、技術的な上手さではなく、表現力の高さが大きな理由のようですね。

私も、歌は正直あまり上手いとは言えないと思いますが、大竹しのぶが持つ表現力は素晴らしいと感じます。

大竹しのぶの歌声・歌唱力については、好きな人とそうでない人にキレイに別れている印象を受けました。
それだけ、個性的な歌声を持っているということでしょう。

2016年NHK紅白歌合戦へ大竹しのぶが出場!なぜ?

大竹しのぶの2016年の紅白歌合戦への出場について、なぜ?という声があるようです。

確かに、歌手という印象は一般的にあまりないので、疑問に思う方がでるのも頷けます。

大竹しのぶ=女優

というイメージが大きいですもんね。

理由としては、女優としての活躍はもちろん、ミュージカルでの歌手としての活躍がNHKに評価されての出場です。
『SONGS』への出演や他音楽番組への出演、といったように、“歌手”大竹しのぶへNHKは以前から注目していました。

※NHK紅白歌合戦出場者決定に関しては、SONGSのスタッフがかなりの権力を持っているとのこと…
あくまで噂ですが…

NHK側では、大竹しのぶの“表現力”を高く評価し、その表現力を視聴者に見せて欲しい、との考えのようです。

確かに、歌の上手い下手は別として、大竹しのぶの表現力の高さは誰もが納得することでしょう。

更に、2016年は大竹しのぶにとってデビュー40周年という記念の年になります。

大竹しのぶの出場はNHKにとって視聴者へのサプライズ的な要素もあったようですが、歌手としての実績や知名度があまり高く無い大竹しのぶの紅白出演決定は、私も含めてですが、多くの視聴者にとって疑問でしたよね。

大竹しのぶ?なんで?
みたいな感じでした。

NHK側の意見を知ると、なるほど…という気もします。
みなさんはどうですか?

大竹しのぶプロフィール

本名:大竹しのぶ
生年月日:1957年7月17日
血液型:A型
身長:158cm
出身地:東京都
結婚歴:服部晴治(1982~1987年)、明石家さんま(1988~1992年)

最後に

女優として、歌手として、ミュージカル女優として、大活躍の大竹しのぶさんですが、個性的であるからこそ、アンチも多いのかなと思います。
でも、アンチが多いと言うことは、熱烈なファンも多いと言うこと。

なぜか気になる、良くも悪くも注目を浴びる、というタイプの女性なんだな、と私は勝手に解釈しています。

これからも活躍し続けること間違いなしの女優・歌手、大竹しのぶさん情報でした。


スポンサードリンク