子供が小さいうちは、クリスマスプレゼントを選ぶのって純粋に楽しいですよね。

それがある時ふと
「そういえば子供へのクリスマスプレゼントっていつまで贈るのが一般的なんだろう」
思うようになる方が多いようです。

小学生のうちまで。
低学年のうちまで。

など考えもさまざまで。

サンタクロースを信じているうちは…
と考えているご両親も多いみたい。

ただ、サンタクロースを信じる年齢というのは家庭環境や子供の性格によっても違いますので、難しいところです。

「サンタさんにプレゼント貰った!」
「サンタさんなんて居ないよー。」

こんなやり取りは、いつの時代でもあるでしょう。

ご両親としては、子供へいつまでクリスマスプレゼントを贈ればいいのか、けっこう真剣に悩むところだと思います。

ここでは、クリスマスプレゼントはいつまで子供へ送るか?
について、一般的な意見をまとめてみましたので参考にしていただければと思います。


スポンサードリンク

サンタクロースからクリスマスプレゼントが届く!

『サンタさんがプレゼントを届けてくれる』

という前提でプレゼントを贈るのは、幼稚園、小学校低学年、という意見が多いです。

朝起きたら枕元にサンタさんがプレゼントを届けてくれた!

というのは、やはり幼稚園から小学校低学年くらいが平均的なのでしょう。

子供がサンタさんを信じている年齢は、4歳~6歳、というのが平均らしいです。

5歳前後で、サンタさんが居ないことを知ってしまうなんて、調べていてビックリしてしまいました。

子供の成長は早いですね。

それ以上になると、
「サンタさんなんていないよ。まだ信じてるの?」ということになる心配もあるのでしょうね。

サンタさんを卒業してからのクリスマスプレゼントはいつまで?

それでは、家庭でクリスマスプレゼントを贈るのはいつまでなのでしょう。

小学校まで
中学校まで
アルバイトをはじめて自分でお小遣いを稼げるようになるまで
年齢は関係なくいつまでも

…などなど、ご家庭によりかなり違いがありましたが

小学校までは”プレゼント”を贈り、中学生以上になったら”現金”をあげるというのが一般的な意見でした。

確かに、自分の昔を思い出してみると、小学生のうちは”プレゼント”を開けることが楽しくて、欲しかった物が中から出てくるドキドキ感がすごく楽しかったものです。

そして中学校に入るころには、お金を貰うのが嬉しかった気がします。

さいごに

最終的には、『気持ち』なのかな、と思います。

子供にプレゼントを贈りたいという気持ち。喜んで欲しいな、という気持ち。
それが大切ですよね。

どんなプレゼントが喜ぶか…
を考えたとき、子供がある一定の年齢を超えると「現金が良いかな?」と思えることがあるでしょう。

その年齢になったら、お小遣いに切り替えるのが良いかも知れません。

ですが、いつになっても、心のこもったプレゼントを贈って貰うのは嬉しいものですので、現金にこだわる必要もないのでは、とも思います。

それぞれのご家庭の環境やお子さんの性格などを考慮して、楽しみながらクリスマスプレゼントを考えてみるのがベストなのでしょう。


スポンサードリンク