女子レスリングで活躍する伊調馨選手の階級と階級にまつわる話、そして連勝記録。

連勝ストップした理由と、それに対しての伊調選手の思い。

30歳を超えて、年齢についてどうなのか、私が勝手に思うこと。

そんなあれこれをまとめました。


スポンサードリンク

伊調馨選手の階級と、過去の階級

伊調馨選手の階級は、女子58kg級です。

身長は166cm
1984年6月13日生まれの32歳(2016年8月現在)です。

63kg級
2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドンで金メダルを獲得し、オリンピック3連覇

世界選手権
2002年~2015年の間、参加した年はすべて優勝(合計10回)
2013年までは63kg級2014年からは58kg級での出場です

階級の変遷は…

~2001年…56kg級
2002年~2013年…63kg級
2014年~現在…58kg級

56kg級のころ、ライバルだった吉田沙保里選手に苦戦したことで、63kg級に階級を上げたという過去があります。

ですが現在は、どちらが強いか…などと詮索することは愚問です。

どちらも強いんです。二人とも最強!
女子レスリング界の二大巨塔と言えるでしょう。

2015年の全日本選手権での58kg級では、エントリーした選手が3名(伊調選手含めて)だったこともありました。
伊調選手の強さに恐れおののいた選手たちが階級を変更して出場したために起こったことで、伊調選手の尋常ではない強さがうかがい知れます。

連勝記録と13年ぶりの敗戦

伊調馨選手の連勝は2003年3月にはじまり、2016年1月に止まりました
記録は、なんと189連勝!13年間負けなし!!
※ケガによる不戦敗(2007年5月)をのぞきます

敗戦の原因

敗戦の原因としては、「試合の立ち上がりがダメで、修正できなかった」と発言しています。

試合前にはまったく素振りを見せなかったものの、実は首に不調があったとも言われています。

そして、新しいスタイルでのレスリングを試した試合だったため、という話もあります。

いずれにしても、その敗戦をきっかけにして更に強くなったということは間違いありません。

伊調選手は勝ち負けよりも試合内容にとても拘るタイプの選手です。

試合内容に拘り抜いた結果、勝ちがついてくる、そんなタイプ。
だから、試合に勝っても内容が良くなければ満足しないのです。

13年ぶりの敗戦は伊調選手にとって、その後のレスリング人生の糧になる敗戦だったのでしょう。

年齢と今後

若い選手がどんどん登場してくる中、30歳を超えてなお第一線で活躍している伊調馨選手。

年齢を重ねることで技術的なレベルは高くなるでしょうけれど、体力的な面では若い選手が有利かなと、勝手に想像してしまいます。

なぜなら私自身が、20代と30代では体力の差をものすごく実感したので…

と言っても、私みたいなごく一般人と、世界トップの伊調選手を比べるのは現実的ではありませんね。
はい、まったく現実的ではありません。

そこで、浜口京子選手が第一線を退く決意をした年齢を考えてみました。

浜口選手が次期オリンピック(リオ)を断念した年齢は37歳。

引退という言葉はありませんでした。
今後は『日の丸を背負って…』という戦いではなく、自分自身が納得できる形での挑戦をする、という意志で現役を続けて行くのでしょう。

伊調選手同様に世界トップレベルの選手だった浜口選手が第一線を退いた37歳という年齢は、ひとつの目安にはなるのではないかな、と思います。

それを考えると、伊調選手は2016年8月現在32歳ですので、4年後の東京オリンピックの時は36歳。

現役で頑張っていてほしいけれど、微妙な年齢ではあります。

もう一人、忘れてはいけないのが吉田沙保里選手
吉田選手は伊調選手より学年で2つ上ですが、東京オリンピック出場も考えるかも?と発言しています。
引退の意志はまだまだ無いようです。

以上より、伊調選手の東京オリンピック出場も、可能性はありかな、という感じでしょうか。

できるだけ長く、戦う姿を見ていたいな…と思います。

カッコイイうえ可愛い伊調馨選手は家族とも仲良しです。

2008年に放送された、お父さんとお姉さん(伊調千春さん)と3人でのCMが素っぽくてすごくかわいかったなぁ。

馨さん「かおり(かおりん)一番かわいがられた?」
お父さん「いっしょだと思うけど…。いっしょよ。」
千春さん「いっしょかもしんない」
馨さん「だって昔、お年玉が一緒でちょっと怒ってた!」
千春さん「そう!それはちょっと怒った。おにいちゃんがちょっと多くて千春と馨が一緒なの」

…かわいいー!!!
かおりんって言ってるように聞こえるの。
話しかたも可愛くて、妹っぽくて、末っ子で可愛がられて育ったんだろうなーって伝わってくる、CMでした。

そのCMにお母さん(2014年に亡くなりました)は出ていらっしゃいませんでしたが、伊調馨選手の様々な発言やオリンピックで応援する姿などから、お母さん、お兄さん含めてとても仲の良い家族なんだなと伝わってきます。

家族の支え、絆も、伊調選手の強さに繋がっているのでしょう。


スポンサードリンク