リオオリンピックの金メダル獲得候補選手、バドミントン女子ダブルスの松友美佐紀選手とお姉さんについてご紹介します。

[追記]
リオデジャネイロオリンピックでは見事金メダルを獲得。
手に汗握る試合でしたが、素晴らしい結果を残してくれました。

お姉さんはバドミントンの先輩

松友選手のお姉さんは2歳年上で、美佐紀選手より一足先にバドミントンをはじめました。

趣味でバドミントンを楽しんでいたお母さんの影響で、まずお姉さんがバドミントンチーム(藍住エンジェルクラブ)に入ります。

そして美佐紀選手も、お姉さんについて練習を見に行くようになり、徐々にバドミントンに興味を持つようになりました。

お姉さんの練習について行きはじめたのは、美佐紀選手がまだ幼稚園に通っていた頃です。
強豪選手の例にもれず、だいぶ早い時期からバドミントンに触れていたのですね。

お姉さんの名前や、現在バドミントンの選手として活躍しているかどうかは情報がありません。

ただ、お姉さんの存在は松友選手にとってとても大きなものだったに違いありません。


スポンサードリンク

本格的にバドミントン開始!

その後、松友選手が本格的にバドミントンをはじめたのは、小学校一年生の頃です。

いろいろな習い事をしていた松友選手でしたが、バドミントンが一番向いていたようで、楽しく練習に取り組めました。
努力をすれば強くなるのを実感し、それがまた楽しかったようです。

過去に一度も、バドミントンをやめたいと思ったことがないそうで、本当に楽しみながら選手人生を歩んできたんだなと分かりますね。

妹体質?

実際にお姉さんがいる妹のせいか、松友選手は妹体質のようで、ダブルスでペアを組む高橋礼華選手とも姉妹のような関係を築いているみたい。

高橋礼華選手は、妹(高橋沙也加選手/バドミントンシングルス)を持つお姉さんなので、高橋選手(姉)、松友選手(妹)と、まさに姉妹としてベストな関係なんですね!

ちょっとのんびり系で、たまに抜けちゃうことがある松友選手は、しっかりものの高橋選手との相性バッチリ。
そんな二人の関係も、バドミントンでの素晴らしい成績へと結びついているのでしょう。

松友美佐紀選手プロフィール

氏名…松友美佐紀(まつともみさき)
ニックネーム…まつとも
生年月日…1992年2月8日
身長…159.5cm
利き腕…右
出身地…徳島県板野郡藍住町
出身校…徳島私立徳島中学校→聖ウルスラ学院英智高校
所属…日本ユニシス

最後に

松友選手はとってもかわいいと評判の美人さん。
汗をかいた姿もかわいい!といわれるくらい人気です。

好きな食べ物はイチゴ!これまたかわいい!
と、おばちゃ…いえ、お姉さんは思ってしまうのです。

高橋礼華選手とのツーショットを見ると、本当に姉妹みたいで素敵ですね。

リオでは、表彰台でキラキラ金メダルをさげて輝く二人を見ることができるでしょう。


スポンサードリンク