星奈津美選手は、リオオリンピックで金メダル候補の一人として、名前が挙がっています。

世界最大級データ企業より、オリンピック直前7月の記録情報をもとにリオでのメダル予想として発表されました。
ですので本当に期待大!
実力を発揮することができれば、金メダルを獲得可能ということなのです。


スポンサードリンク

手術への決断と、バセドウ病を乗り越えた勇気

星奈津美選手は、高校生だった16歳の頃、バセドウ病を発症しました。
泳ぐことができないほどの時期もあり、薬の服用と3ヶ月ごとの定期検診を続けてきました。
バセドウ病は全身の倦怠感や疲れを伴う病気ですので、スポーツ選手にとって大変辛い日々だったでしょう。

そしてついに、星選手24歳の2014年に手術を決断することになります。
24歳で手術を決断、競泳選手としての今後のことを考えると、相当な決意だったと思います。

バセドウ病の原因となる甲状腺全摘出の手術で、11月に行い、その後1ヶ月間術後の休養のため泳ぐことから離れました。
12月に復帰しましたが、しばらくは手術痕を気にして練習に取り組むことが難しかったそうです。

私も手術の経験があり、その後2ヶ月は傷あとが気になって仕方がありませんでした。
それなのに、たったの1ヶ月でプールへ復帰するなんて本当に驚きますし、手術した傷が開いてしまうのではないかと恐怖を覚えることも、とても良く分かります。

何よりも、星奈津美選手の種目は、どの種目よりも激しいバタフライ。
喉にかかる負担も相当なものでしょう。

精神的につらい時期を過ごしていた星選手でしたが、平井伯昌コーチの根気よく優しい指導により、徐々に本来のペースと自信を取り戻して行きました。

そして2015年の世界水泳で、見事、金メダルを獲得。
2016年はリオオリンピックで金メダルを目指します。

星奈津美選手プロフィール

氏名…星奈津美(ほしなつみ)
生年月日…1990年8月21日
出身…埼玉県越谷市
身長…164cm
体重…55kg
血液型…A型
出身校…鷺後小学校→栄進中学校→春日部共栄高→早稲田大→早稲田大大学院
所属クラブ…ミズノスイムチーム

最後に

1998年北京オリンピックでは10位、2012年ロンドンオリンピックでは銅メダルでしたが、2015年の世界水泳では日本人初の金メダルを獲得しました。

バセドウ病、そして手術という大きな試練を乗り越えて素晴らしい成績をたたき出してきた星選手ですから、今回のリオオリンピックでもきっと、表彰台でステキな笑顔を見せてくれることでしょう。


スポンサードリンク