リオオリンピックの金メダル獲得候補者として期待されている萩野公介選手は、小学生の頃から数多くの種目で記録を塗り替え続けてきました。

現在、男子200m自由形、400m自由形、男子400m個人メドレーの日本記録保持者です。

萩野選手の出場種目やプロフィール、気になるポイントなどをご紹介していきます。

萩野公介選手の出場種目

萩野選手のリオオリンピックの出場種目は…

男子200m個人メドレー
男子400m個人メドレー祝!金メダル獲得!!
男子200m自由形

以上の個人3種目と

団体4×200mフリーリレー合計4種目となっています。

200m、400m個人メドレーは金メダルを、200m自由形と4×200mフリーリレーではメダルを狙うと宣言!

保持している記録からも、200m個人メドレー、400m個人メドレーの二種目については、実力を発揮することができれば金メダル獲得可能といわれています。

萩野選手の活躍、大注目ですね。
きっとたくさんのメダルを獲得してくれることでしょう。


スポンサードリンク

萩野選手のプロフィール

氏名…萩野公介(はぎのこうすけ)
生年月日…1994年8月15日
出身…栃木県栃木市
身長…177 cm
体重…71kg
血液型…B型
家族構成…父・母・本人(三人家族)
出身校…小山私立羽川西小学校→作新学院中等部→作新学院高校→東洋大学
所属…東洋大学

まぶたの不思議と、手の水かき?!

まぶたの不思議

萩野公介選手のまぶたの上には、ポコッとした小さなでっぱりがあります。
「あのでっぱりはなんだろう?」と疑問に思う方が多いようですが、あのでっぱりはゴーグルをしたときにできるタコのようなものなのです。

ゴーグルをきっちりとしめないと、飛び込むときに水が入ってしまうため、きつく締めて競泳に打ち込み続けた結果、できたものなんですね。

職業病みたいなものでしょうか。
競泳に本気で取り組んでいる選手には、比較的多く見られるようです。
まさに努力の証ですね。

水かきがあるみたい!

また、萩野公介選手の手のひらには、水かきがあるんです。
毎日相当な距離を泳いでいるため、身体が進化していったのでしょうか。
水かきができるほどに、努力をしているということでしょう。

身体を進化させてしまうほど何かに打ち込めるって、本当に素晴らしいですね。

骨折で世界選手権を欠場(2015年)

右ひじ骨折のため、萩野選手は2015年8月に行われた世界選手権を欠場しました。

6月のフランス合宿中、宿舎からプールへの自転車移動中に転倒してしまい、その時に右手をついてしまったそうです。

その際の衝撃でひじを骨折、全治2ヶ月でした。

メダルを期待されていたため、周囲も残念に思ったでしょうし、何よりも萩野選手自信が一番悔しかったでしょう。

最後に

萩野公介選手の才能と、日々の努力は、彼が保持する記録にあらわれています。
今最も期待される競泳選手の一人でしょう。

昨年は怪我という不運に見舞われ悔しい思いをしましたが、この夏のリオオリンピックでは、そんな昨年の悔しさを吹き飛ばす活躍をしてくれるに違いありません。

日本の期待を背負っている…という重圧もあるかもしれませんが、重圧に負けず思いっきり実力を発揮して、そしてリオオリンピックを楽しんでいただきたいですね。


スポンサードリンク