オードリーのツッコミ、若林正恭さん。
コンビとしてだけでなく単独での出演も多く、現在はMCとしても活躍しています。

オードリーとして、2008年のM-1グランプリで敗者復活枠から決勝戦まで勝ち進み、2位を獲得、その後は着実にテレビ・ラジオでのレギュラー番組も増え、相方の春日さんと共に順調に活躍の場を広げています。

私個人的なことなのですが、まず皆さんにお伝えしたいのは、若林くんの顔が好きだということ!
はじめてテレビで若林くんを見たとき「理想がここに!」と思いました。

自らを、いい人に見せようとしない、むしろ「俺はクズ」と言い切るその潔さが大好きです。
自分をクズと言い切れる人なんてそうそう居ないですよ。
世間からは”腹黒い”などといわれる若林くんですが、本当に腹黒い人はそれを隠そうとするものです。

自分をさらけ出して堂々と振る舞う若林くんは、純粋な心の持ち主なのでしょう。

そしてもちろん、若林くんの才能。頭が良く視野が広く、色々な場面で的確なツッコミをしているのはさすがです。

さて、ここからは、若林くんについていろいろご紹介しましょう。


スポンサードリンク

まずは、若林くんを語るにおいてはずせない『歌』

若林くんの音痴っぷりは有名ですよね。

めちゃ×2イケてるッ!の企画「お笑い芸人歌がへたな王座決定戦(通称・歌ヘタ王座)」で歌を披露した際、その破壊力はとてつもないものでした。
音域が3以下とのコメントを受けていましたので、その歌ヘタ具合はご想像いただけるかと思います。

若林くんの歌ヘタを、わざとじゃないの?と疑う声もあったようですが、練習風景からはわざとヘタに歌っているとは全く思えませんでした。
それに、良くも悪くも正直すぎるほどの若林くんが、わざわざ歌をヘタに見せかけるとも思えません。
歌を歌うのが本気でイヤなようですし、本気の音痴間違いなしでしょう。

ただ、歌がヘタだと知られた当初より、上手になっているように思います。
番組などで練習もしていましたし、ある程度上達したのでしょうね。

それでも歌ヘタには変わりませんが、とっても面白いので芸人としてはプラスになっているでしょうし、このまま歌ヘタ若林くんでいて欲しいものです。

実は、その歌唱力?を活かして、2011年にCDデビューもしているんです。

ラップの実力にみんな驚き

歌ヘタとは相反して、ラップの才能は素晴らしく、歌手のmiwaさんとコラボしたこともあるくらいの実力です。
もともとラップが好きだったようですね。

ネガティブまっしぐらで面白い歌詞ですが、miwaさんの歌声にピッタリで、素敵なコラボでした。

他にも、春日さんをディスるラップもラジオで披露しています。
これまた面白く、何度聞いても飽きません。

彼女について

若林くんの彼女観は独特です。

例えば彼女ができたとして、部屋がきれいに整頓されていたり、手の込んだ料理とか健康的なドリンクとかが作られていたりするとムカつくこともあるみたい。

少々ゆがんだ恋愛観をお持ちの部分もあるようです。

ゆがんでいると自覚していて、自らを「クズ」と認めている辺り、おもしろいですね。

包容力がない、引っ張っていくタイプでもない。でも尻に敷かれるとムカつく。
自分からサプライズすることもない。
そして、適度に放っておいてもらいたい。

だそうです。
でも、心から好きな女性ができたら変わりそうな気がしますよね。

恋愛観については、春日さんも同意する部分が多くて、二人ともお互いを「クズ」と言い合い納得していました。
が、その後、春日さんは彼女といえる女子ができたようなので、考え方も違ってきたかな。

そうそう、お誕生日メールを元カノがいまも送ってくれるんだって。
それは嬉しいようです。

別れた後でそういうことをされると嫌がる人も多いと思いますが、若林くんは”嬉しい”派なんですね。

彼女は後藤晴菜アナウンサー?と話題になったことがありますが、確実に証拠がある訳でなく、信ぴょう性は低いようですね。

最後に

賢い、という言葉がぴったりの若林くん。
どんなに自分をディスろうが、日本国民は気付いていますよ。

優しく繊細で、春日さん大好きの、才能あふれる人だということを。

私はこれからも熱い視線を送り続けたいと思います!


スポンサードリンク