お盆玉、それは数年前から突然知られはじめた、お年玉に似た習慣…
お盆玉、それは大人たちを脅かす、夏の子供の楽しみ…

徐々に知名度がアップしており、「お盆玉」という単語を聞く機会も増えてきたかも知れませんね。
郵便局で普通に【おぼんだま】のポチ袋が売られているのを見たことがある方も多いでしょう。

私も、郵便局である日【おぼんだま】と書かれたかわいいポチ袋を発見し、「なにこれ?」と。
そして職場の人に聞いてみたら、いまはお盆に【おぼんだま】をあげるお家が増えてきているとのことで驚きました。

なんだか、バレンタイン、イースター、ハロウィンや恵方巻のように、企業の戦略のような気がしますが…きっとその通りでしょう。

ここでは、お盆玉について詳しくお伝えしていきますね。


スポンサードリンク

お盆玉とは

お盆玉とは、まさにその名の通り、お盆中に子供たちにあげるお小遣いのことです。
お年玉は当たり前のこととなっていますが、そのお盆バージョンというわけですね。
大人にとっては恐ろしい単語です。震えが来ます。

”お盆玉”という名称は、”マルアイ”という紙製品・包装用品の製造販売業者が作り商標登録をしているそうで、まさに企業戦略ですね。
紙製品!まさに!!ポチ袋を売ろうとしているに違いない!
それに乗っかって、ほかの企業でも今後どんどんお盆玉戦略を打ち出してくるのでしょう。

今はまだそれほど浸透していませんが、今後ますます普及していくことは間違いないでしょう。
お正月はお年玉、お盆はお盆玉、そんな習慣が根付かないように大人は祈るばかりです。

姪っ子甥っ子に、孫に、お小遣いをあげたい!
と思って楽しんで渡すお小遣いと、義務のようになってしまって「しょうがないよね、お盆だし」という感じで渡すお盆玉、渡す側の気持ちは大きく違うと思うのです。

お盆玉の由来と発祥地

お盆玉の発祥地は山形の一部地方。江戸時代といわれています。

その地域ではお盆の時期に、奉公している方へ物(衣類、履物など)をわたすという習慣があったようで、それが変化して昭和初期ごろから商家など裕福な家で、使用人や子供へお小遣いをわたすようになったのがはじまりでした。

当時は全国的ではなく、山形県の一部地域のみの習慣だったようです。

企業はもちろん郵便局でも

少しでも需要があればそれを見込んでガンガン戦略を練ってくるのが日本企業のすごさです。
恵方巻やイースター、ハロウィンなどと同じく、お盆玉も今後ますます普及していくのでしょうね。

どうなるか、あたたかく見守って行きましょう。
見守る際、間違っても子供たちの前で「お盆玉」という単語は口にしないようにしたいと思います。

個人的には、お年玉ほどの知名度にはならないまでも、恵方巻くらいのメジャーな単語になりそうな予感はします。

郵便局の窓口で【おぼんだま】ポチ袋を販売している点でも、日本郵便のお盆玉推しがうかがえます。
日本郵便では、2014年夏からお盆玉ポチ袋の販売を開始しました。

他、さまざまなメーカーからもお年玉ポチ袋が販売されています。
これから、ポチ袋の種類も増え、選ぶ楽しみもできそうですね。

お盆玉の相場

お盆玉という言葉の歴史が浅いせいか、相場はまだ決まっていないようです。

あげる側の気持ち、ご家庭それぞれといえます。

あえて相場をお伝えするとすれば、お年玉と同じ程度か、少し少ないくらいがちょうどいいという意見が多いですね。

具体的には、

小学生…1,000円~3,000円
中学生…3,000円~5,000円
高校生…5,000~10,000円

この程度が相場といわれています。

次第に定着しつつある【お盆玉】

子ども達には嬉しいこと間違いなしですが、大人にとっては負担になること間違いなしなので、無理なくできる範囲で、というのが良いでしょうね。

お年玉のように、半強制的に感じるものにならないことを祈るばかりです。

ただ、子どもたちが喜ぶ姿はいつみても嬉しいものです。
私個人的には、子どもたちにお盆玉をあげても懐が痛むこととのないような、余裕を持った生活をしていきたいなと思います。

世のおじいちゃんおばあちゃんたちの多くも、「孫たちにお小遣いをあげたい!喜ぶものを買ってあげたい!」と思ってることでしょう。

お盆玉、あげる側、もらう側、どちらにとっても、よい形で普及していくといいですね。


スポンサードリンク