ねずみ花火の種類と遊び方、特徴

ねずみ花火は、おもちゃ花火といわれる種類に分類されます。

以前、ねずみ花火といえば、火花をまき散らし高速でシュルシュルクルクルと回転し、最後に”パン!”という音を出して終わる、というものでした。
現在では音が出ないものが多いようです。

火をつける前は、この様な形をしています。
くるっとしていてちょっと変わった花火ですよね。


スポンサードリンク

ねずみ花火の動画をどうぞ

ねずみ花火は危ない?

ねずみ花火は、糸や棒などの支点をもたないため、ところかまわず回転しながら動き回る特徴があります。
あっちへ行ったりこっちへ来たり。
動きにまったく予測がつかないため、楽しむ場所を選ぶことが大切です。
状況によって、危険な花火になりかねません。

小さいお子さんがいる場所では、避けることをおすすめします。
万が一、お子さんのほうにねずみ花火が進んで行き、花火があたって火傷などしてしまっては大変。
動きが機敏な大きな子や大人は避けることができますが、小さな子はそれができませんので、注意が必要です。

ねずみ花火をする際は、広い場所で遊んでくださいね。
具体的には、花火から常に5m程度の距離を保ちながら移動できるような場所が良いでしょう。

追いかけてくる!

ねずみ花火で遊んだことがある方はご存知かと思いますが、火をつけると、シュルシュルとまわりなが追いかけてくる(ような気がする)のです。

上でもご説明した通りで、支点を持たない回転花火なので、予測不可能な動きをし、それがなぜかどこまでも追いかけてくるように思えるんですよね。

子どもの頃はそれがちょっとコワかったものです。
でもそれがまた楽しみの一つでもあるんですけどね。

地味なようで楽しい、それがねずみ花火。
他の、炎が美しい花火とは違った楽しみ方ができて、盛り上がりますよ。

ねずみ花火やロケット花火って、子どもたちにとっては花火というよりもおもちゃなのかも知れません。
その種類の通り、おもちゃ花火、ですね。

ねずみ花火は通販できる?

ねずみ花火を通販で購入することは可能です。
アマゾンや楽天でも買えますよ。

花火の通販は、危険が伴うので例えば『友達に送る』といったように個人的にはできないのですが、花火の販売業者から通販で購入するのは可能です。

夏になれば、近くのスーパーやおもちゃ屋さんなどでも花火は手軽に購入できますので、通販を利用するよりその方がいいかも知れませんね。

価格は、12個入りで200円~300円ほどとなっており、手軽に購入できます。

大人になって花火をする機会はあまりなくなりましたが、夏になるといたるところで目にしますよね。
やはりいつの時代も、花火は夏の風物詩ですね。


スポンサードリンク