ウォーキングデッド シーズン6ラストで登場し、リック達を恐怖に陥れたニーガン。

シーズン6ラストからシーズン7へ、ニーガンに殺されるのは誰だ?!と、巷ではさまざまな予想でにぎわってるようです。

誰が犠牲になっても悲しいし、それが思い入れのある登場人物なら尚更です。

ウォーキングデッドは、非日常的な現実を突きつけられたときの人間の心理、行動、思考などがとても詳しく描かれていて、ホラーが苦手な私でさえつい見てしまい、見たらあっというまにはまったほどの素晴らしいドラマ。

見ているうちに、徐々にすべての登場人物に思い入れがでてきます。
どの人物にも共感できるんです。
どんなに性格が悪い登場人物に対しても、共感できる部分があり、憎めません。
それは悪役も同じです。

ニーガンの犠牲者、私ももちろん気になるところではありますが、ここで語りたいのは犠牲者予想ではありません。


スポンサードリンク

ニーガン役 ジェフリー・ディーン・モーガンという俳優さん

ニーガン役はジェフリー・ディーン・モーガンという俳優さんが演じています。
キャスティングを聞いたとき、とんでもない衝撃でした。
ショックのあまり、知り合いにラインしちゃった…。

海外ドラマ『スーパーナチュラル』で、ディーン&サム兄弟のお父さんを演じていたステキな俳優さん。
あの憂いを帯びた表情、兄弟を見つめる優しい目。
厳しくも優しいパパが…
まさかの…
ウォーキングデッド過去最大の悪役で登場することになるなて…!!!

嘘だと言ってーーー!!!

…と、しばらく立ち直れなかった私です。

でも、ジェフリー・ディーン・モーガンさんの人間性がにじみ出る、あの憂いを帯びた表情は健在だなと思いました。
リック側からすれば悪役ではありますが、ニーガンも彼の正義で戦ってきたに違いありません。
ニーガンだって悲しく辛い経験を乗り越えてきたわけで、背負っているものもリック同様とても大きいのです。

ウォーキングデッドにジェフリー・ディーン・モーガンさんが出演するなら、リック側の人間として登場して欲しかったという気持ちは大きいですが、仕方ありません。

ジェフリー演じるニーガンを楽しみに待ちたいと思います。

ジェフリー・ディーン・モーガンのプロフィールと出演作

ジェフリー・ディーン・モーガン(Jeffrey Dean Morgan)
1966年4月22日 アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身

映画

1991年 赤いドレスの女
1996年 トゥルー・アイズ
2004年 ホテルゾンビ
2005年 マッド・ドッグ
2007年 LIVE! ライブ、ハートブロッカー、P.S.アイラヴユー
2008年 NewYork結婚狂騒曲
2009年 ウォッチメン、ウッドストックがやってくる!
2010年 ルーザーズ、シャンハイ、ジョナ・ヘックス
2011年 ヒラリー・スワンク ストーカー、キリング・フィールズ 失踪地帯、クーリエ 過去を運ぶ男
2012年 ポゼッション、レッド・ドーン
2014年 悪党に粛清を
2016年 バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生、タイム・トゥ・ラン

テレビシリーズ

2001年 ER緊急救命室
2002年 犯罪捜査官ネイビーファイル、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、エンジェル
2003年 CSI:科学捜査班
2004年 トゥルー・コーリング、名探偵モンク
2005年 The O.C.、Weeds 〜ママの秘密
2005-2008年 スーパーナチュラル
2006-2009年 グレイズ・アナトミー 恋の解剖学
2012-2013年 マジックシティ 黒い楽園
2014年 シェイムレス 俺たちに恥はない
2015年 エクスタント、グッド・ワイフ
2016年 ウォーキング デッド


スポンサードリンク